グレイ・ハウンド

 グレイ・ハウンドは、その細くて優美な肢体から多くの交配が重ねられた結果作出された犬種であるかのような印象を与えますが、その歴史は極めて古く5000年以上前のエジプト壁画や彫刻にもそれに酷似した姿を見ることができます。また、古い記録ではガリア人がウサギ狩りにハウンド犬を使っていたとされ、そこに記述された特徴によると、その犬種もグレイハウンドだと想定されるようです。

 したがって、グレイ・ハウンドは、ディアー・ハウンドやウルフ・ハウンドをはじめとした狩猟犬の元祖ともいえる存在になるようです。

グレイ・ハウンド

 性質は穏和であるものの、俊敏で動くものを高速で追いかける本能に優れ、多くはウサギ狩りに使用されていたとされます。また、すべての犬種の中で最速を誇ることから、時代の流れによって狩猟目的が薄れてくると、イギリスやアメリカではドッグレースで注目を浴びるようになりました。現在では、一般飼育をはじめとしてドッグショーに頻繁に登場する犬種としても知られています。

グレイ・ハウンド

 ヴィエナ・ブロンズには、犬のモチーフも多いのものの、グレイ・ハウンドは比較的レアな部類に入るといえるでしょう。また、グレイ・ハウンドの個性的な姿はともかく、ブロンズ細工としては短毛種ゆえ細部の表現が難しいと思いきや、皮膚の質感をはじめとした極めてリアルな造りには驚きを禁じ得ません。