イタリア料理と若いイタリアワイン

 そもそもオールドヴィンテージとの出会いによって、私の最も嫌いなアルコール飲料のひとつであったワインの位置づけが大きく変化しました。そして、その感動からワインの「付加価値」や「唯一無二性」ということに注目しはじめたわけです。したがって、そのほとんどは必然的に「フランスの古酒」を中心としたものになりました。しかし、その対極ともいえる「若いイタリアワイン」に全く違う感動や価値観を感じることがあります。

イタリアワイン01

 それも世界的に注目を集めている著名な地域よりも、むしろイタリアの固有品種を使った地域のワインには、しばしば驚かされることがあります。それは、聞き慣れないブドウ品種による全く初めての味覚体験、あるいは前年の若いヴィンテージにも関わらず自分の嗜好にベストマッチするワインに巡り会ったりするセレンディピティでしょうか。

イタリアワイン02

 さらに、そのワインがイタリア料理と見事なマリアージュを見せる時、私が考える「ワインの付加価値」というものを再認識させてくれることさえあるのです。一皿ごとの料理にマッチしたグラスワインでのサービスは、豊富な経験値に裏打ちされた感性がなければ難しく、それを実現させてるくれるレストランあるいはソムリエの存在は大変貴重なものだと思います。

Italian

 そして、その若いイタリアワインの素晴らしさとマリアージュの絶妙さを体験することは、私にとってはオールドヴィンテージに特化した「ワインの付加価値」という視点を身勝手で一方的な価値観へと陥らせないためにも非常に重要なことだと思っています。

Italian

イタリアワイン03